法人破産・自己破産の専門弁護士 〜東京スカイ法律事務所〜

どうぞお気軽にお問い合わせください
メニュー
ホーム
任意整理・過払い金
自己破産
個人再生
お問い合わせ

どうぞお気軽にお問い合わせください
東京スカイ法律事務所

弁護士 田中 健太郎
≪第一東京弁護士会所属≫

〒104-0028
東京都中央区八重洲2-5-8
日宝八重洲ビル5F
TEL:03-6265-1870
FAX:03-6265-1872
URL:http://www.tsky.jp/

【アクセス】
東京メトロ銀座線・京橋駅徒歩2分
JR線・東京駅・八重洲南口出口徒歩4分
都営浅草線・宝町駅徒歩4分

なお、日本全国、出張相談も可能です。お問い合わせを。

【営業時間】
平日 9:00〜18:00
土曜 9:00〜15:00
(土曜は要事前予約)
休業日:日曜日・祝日

自己破産



自己破産とは

自己破産とは、裁判所に破産の申し立てをして借金を免除してもらう手続きです。つまり借金がゼロになるということです。
多額の借金を作ってしまい、任意整理をしても払っていけないほど多くの借金が残ってしまう場合には、自己破産をすることになります。
自己破産を申し立てた方全員が、借金をゼロにしてもらえるというわけではありません。
自己破産には、免責不許可事由というものがあり、それに該当する場合は自己破産しても借金が免除されない可能性があります。


誰でも自己破産をすることが出来る訳でもありません。自己破産をすることが出来るのは、今抱えている借金を今後もずっと支払うことが出来ない経済状態である場合のみです。借金を支払うことが出来ないかどうかは、すべての借入先との取引内容と、借金をされている方の家計の状況や今後の収入の見通しなど、色々な要素をもとに判断することになります。

自己破産は本当に困っている人だけが行える手続きであり、借金をゼロにし、新たな生活をやり直すことを支援する手続きです。だから、自己破産をしたからといって罰が与えられたり、日常生活が送れなくなったりということは決してありません。例えば、生活に必要な家財道具などが差し押さえられることはありませんし、最低限の生活が送れるよう引き続き利用出来ます。
さらに自己破産をしたというだけで会社をクビになったり、戸籍や住民票に載ったりすることもありません。選挙権が無くなることもありません。

借金を絶対に返したいから自己破産だけは避けたいという方や、自己破産にはどうしても抵抗があるという方も多くいらっしゃると思います。
自己破産をしたということは、人生の脱落者の烙印を押されることではなく人生の再出発のチャンスが与えられもう一度最初からやり直せるとお考えください。
ご自身の収入状態からみてどうしても返せそうにない金額の借金を抱えていらっしゃる場合には、早い段階で自己破産をされることを当事務所はお勧めしています。

>>>自己破産についての弁護士費用はこちら



メリット

借金が免除されます。
実生活の上で困ることはほとんど少ない。


デメリット

不動産などの財産は処分することになります。
業務の制限があります。(警備員、宅地建物取引主任者、証券取引外務員、生命保険外交員、株式会社や有限会社の取締役と監査役など)
一度自己破産をした場合、その後7年間は免責を受けることは難しくなります。
再借入れなどが困難になります。

自己破産をすると、信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に情報として登録されます。破産などとは区別はされますが一定期間は新たな借入れやクレジットカードの作成などが出来なくなる場合もあります。


このページのトップへ
ホーム任意整理・過払い金自己破産個人再生お問い合わせ
Copyright All Rights Resaerved.